私が感じたイスラエル人のイメージ

前回のブログでイスラエルと日本との繋がりについて私の体験を書きましたが今回は私が感じたイスラエル人が共通して持っている特徴について

私がイスラエルでの5リズムのワークショプに参加して今まで参加した国と何か違う感覚がありました。違う感覚は前回書いた私とイスラエルとの繋がりの感覚を除いた部分での感覚です。

私が感じたことはイスラエルの人たちは私が今まで5リズムで訪れた国の中で格段に参加者のほとんどがしっかりとグラウンディング(地に足がついている)ことを感じました。みんながちゃんとこの場所にリアルにいる感じがしました。この理由を私なりに分析してみました。私が自分が何でだろうと感じたことについて自分なりの分析と答えを考えることがとても好きです。

数日間一緒にイスラエルの人たちとオープンな環境で過ごしてみて私が出した結果はイスラエルの人たちがいろいろな緊張感がある状況で生きていることが理由だと考えました。イスラエルという国は第二次大戦後に建国された国で国としては若い国です。そしてパレスチナや中東諸国との問題を今も抱えています。イスラエルには男性だけでなく女性にも徴兵制度があり、高校卒業後にほとんどの国民が兵役につきます。

私の分析ではこの緊張感や兵役制度などが多くのイスラエル人がグラウンディングできている理由だと感じました。もちろん自分が生きている社会が平和な方が良いと思いますが、ある種の危機感がある方がしっかりと今という瞬間に生きれるという側面もあるなと今回しみじみと感じました。

その他に今回のワークで個人的にすごく感動したのがワークショップの金曜日の夜でした。イスラエルでは安息日(シャバット)金曜日没から土曜の日没までは労働が禁止され、ほとんどのお店だけでなく、バスなどの公共交通機関も動きません。ヨーロッパなどでも日曜に商店が閉まることはよくあることですが、公共交通機関も全て止まっていまうのは衝撃を受けました。

そして金曜日のワークショップは夜7時位に終わったのですが、ワークショップの最後にイスラエルの人たちの歌の合唱が自然に起こりました。とても美しい歌で、この歌は何だろうと思っていると、知り合いになったイスラエルの人がこの歌は安息日(シャバット)が始まるときに歌う歌だということを教えてくれました。ワークショップの中で自然と一つの歌をみんなが歌い出す経験は今までなくイスラエル文化の豊かさを感じました。

2019年もあと少し、12月29日は名古屋での今年最後の5リズムクラスです。
クラスのご参加お待ちしています。
詳細はこちらから

No event found!
続きを読む

関連記事

  1. 2018_12_バルセロナ5リズム ワークショップ参加してきました。

  2. イスラエルとの繋がりを感じる旅

  3. フィーリングに従って行動できるか

  4. イスラエルでの5リズムに参加してきました

  5. TRE®バンコクSVトーレーニング行って来ました。

  6. TRE®ミッションネパール支援プロジェクト応援動画

  7. ベルリンでの5リズムワークショップ参加してきました

  8. 2019_02_メルボルン5リズムその1

最近の記事

  1. 5リズム

    私がオススメする5リズム海外ワークショップ&クラ…
  2. ブログ

    ZeroOneのワークショップに参加しました
  3. 5リズム

    私が感じたイスラエル人のイメージ
  4. 5リズム

    イスラエルとの繋がりを感じる旅
No event found!
No event found!

アーカイブページ