私がオススメする5リズム海外ワークショップ&クラス旅行

私は5リズムに初めて参加して5年が経ちます。私の初めての5リズムは2014年の12月年末の5日間のワークショップでした。それから今まで10カ国(アメリカ、イギリス、ドイツ、フィンランド、スェーデン、オランダ、ベルギー、イタリア、スペイン、イスラエル)20回以上のワークショップに参加しました。たまに日本の参加者で海外のワークショップのオススメを聞かれるので記事にしてみました。

私がオススメする海外での5リズムの参加はヨーロッパでの週末のWavesレベルのワークショップに参加した後ロンドンに移動して、ロンドン観光とロンドンのレギュラークラスの参加という流れです。

5リズムのホームページには世界中で開催されているワークショップ、クラスの情報を調べることができます。

①まずどうしてヨーロッパでのWavesレベルの週末ワークショップをオススメするかです。
ヨーロッパは第一言語が英語でない人が多いのでワークショップや、クラスでも先生や参加者が英語をゆっくり話してくれるのと、英語がうまく喋れなくても助けてもらえることが多いからです。どうしてもアメリカやイギリスのワークショップでは先生や参加者の英語が私には早口で聞き取りができないことが多いですが、他のヨーロッパでは比較的ゆっくり英語を喋ってくれます。

Wavesレベルをどうしてオススメするのか?
それは上にも書いた言語の問題です。もしあなたがかなり英語ができるのであれば上のレベルのワークショップに参加することは問題ないと思います。英語がかなり苦手な人はWavesレベルに参加を強くお勧めします。日本で何度かWavesのワークショップに参加したことがあるのなら、説明している内容をほとんど理解できなくても、周りの動きを見て何のエクササイズをやるのかなんとなくわかります。特にWavesレベルは体レベルなのでわかりやすい内容が多いです。

Wavesの上のハートビート、サイクル、ミラーズのワークショップは英語での説明が理解できないと参加していて何をやっているのかさっぱりわからないと思います。特にサイクル、ミラーズは自分で喋ったりするエクササイズもあるので、ある程度英語を聞き取れて、自分の感じていることを英語で表現できないとうまくワークショップが効果的に作用しません。

③週末ワークショップをオススメするのか?
せっかく海外のワークショップに参加するなら頑張って5日ワークショップなどに参加したいと思うかもしれませんが、最初は週末参加をオススメします。5日参加すると個人差はありますがワークショップの後かなりの変化があるので結構疲れます。あと、もしあなたが社交的で他の参加者とコミュニケーションがうまくできれば5日間のワークショップは楽しいですが、言葉のコンプレックスなど自分が消極的になってうまくコミュニケーションできないと正直5日間は色々な意味でしんどくなります。もちろんそれを体験する良い機会と捉えることもできますが、思っている以上に重要なことです。週末ワークショップは金曜の夜クラスと土日の2日間なのでもし自分がその時コニュニケーションが消極的でもストレスは少ないと思います。もちろんあなたが社交的でどこでも楽しめる人であれば5日間に参加しても問題ないと思います。

ヨーロッパでの週末ワークショップの後できたらすぐに日本に帰国しないで、エネルギー的に統合させるために数日滞在することをオススメします。それかもう少し5リズムを楽しみたければロンドンに移動して、昼間はロンドン観光、夜は5リズムクラスに参加すると良い経験ができると思います。ロンドンは毎日5リズムのクラスがあり色々な先生の5リズムが体験できて面白いです。

最後に、海外5リズム旅行を計画するなら私は絶対に一人で行くことを強く勧めます。それは、英語が得意か不得意かは関係なくです。5リズムは自分の色々な側面を見る練習だからです。

海外に行くと日常生活と全く違うことが起こりやすく、普段は気づかない、自分の弱さを感じたり、逆に強さを感じる機会がたくさんあります。しかし、日本人のグループなどで参加するとどうしても英語ができる人に頼って、自分で決めて行動することを避けてしまいまいがちです。特に日本人にはその傾向が強いと思います。ワークショップの中でも誰かに通訳をしてもらうとどうしても、通訳する言葉を頭で聞いてしまいます。私の個人的な経験から英語がほとんど理解できなくても、先生の言葉、動きから感じ取る方が通訳を介するより受け取れるエネルギー、情報が多いと感じています。

私の今までの経験と観察で日本は普通の人が他の国に気軽に旅行したりできるようになったのはここ数十年で、長い間海外に行ける人は限られていました。ヨーロッパなどは隣国が陸続きで昔から人の行き来がたくさんありました。ヨーロッパの人たちを見ていると日本人より一人で旅をすることに慣れていると思います。日本人は一人で旅することに慣れていないと思います。私は一人で海外を旅をできるというのは1人の成熟した大人には必要な要素だと思います。多くの日本人にはそれが不足しているように感じますが、理由は地理的、歴史的な理由で英語ができないなど個人的な問題が原因ではないと思っています。

5リズムの練習(プラクティス)は本当の自分に繋がって、本当の自分を知って、自分が本当に望んでいるものを発見して、それを現実の世界で実現させていくプロセスだと私は捉えて練習を続けています。

一人で海外の5リズムに参加することは日本に住んでいる私たちにとって大きなチャレンジです。もし、あなたが本当にそれを望んでやってみたいと思ったら私のクラスに是非来てください。私はエネルギー的にも実際に行くための方法もサポートできると思います。

名古屋での5リズムのクラス情報はこちら

No event found!

関連記事

  1. 2019_01_ベルギー5リズムDeep Focus参加

  2. 初5リズムSkypeクラス終了しました。

  3. 2018_08_アムステルダム5リズムワークショップ参加

  4. 2019_02_メルボルン5リズム その2

  5. HSAの日本語パンフレットが完成しました。

  6. TRE-Humanitarian Support Asia (TRE-…

  7. 見えないものへの不安、不安を安全に感じる

  8. ベルリンでの5リズムワークショップ参加してきました

最近の記事

  1. ブログ

    見えないものへの不安、不安を安全に感じる
  2. ブログ

    コロナウイルスによる今後のクラスの開催について
  3. 5リズム

    私がオススメする5リズム海外ワークショップ&クラ…
  4. ブログ

    ZeroOneのワークショップに参加しました
No event found!
No event found!

アーカイブページ